タバコやワインの色が

歯が黄色くなってしてしまうのは、ステインと呼ばれる着色物質が原因です。 歯が黄色いと印象が悪くなってしまいます。 ステインの原因となるものは、タバコのヤニの成分であるニコチンやタール、ワインやチョコレートのポリフェノール成分、コーヒーや紅茶はカフェインで歯の黄ばみの原因になってしまうのです。 ステインを防ぐには、しっかりと歯を磨くことが大切です。またワインやコーヒー、紅茶などを飲んだ後に濯ぐだけでも、色素が沈着することを予防することができます。 しかし、タバコのヤニなどはこびりつきやすく、タバコの有害物質は内蔵だけではなく歯や歯茎にもダメージを与えてしまうのです。 タバコはステインだけではなく、血液の流れを悪くし、細胞の活性化に必要なビタミンCを壊してしまいます。そのため身体の機能を低下させ、メラニンを上手く排出できないせいで歯茎が黒ずませてしまうのです。また、セメント質や歯髄腔などの歯周組織を弱らせて歯周病や歯槽膿漏などの病気を引き起こしやすくなっています。 ヤニはそれだけではなく、歯の表面にくっついているので、ウイルスなども付きやすくなったり、口の中や歯肉にニコチンがしみ出していることになるのです。 ワインも好きだし、タバコは止められない、と言う人も居ると思います。 そのような人の場合には、きちんと歯磨きをすることでステインを付きにくくすることができるのです。 ステイン除去を行いたい時には、研磨剤やステインを浮き上がらせる成分の含んだ美白用歯磨き粉やヤニを溶かして汚れを落とす歯磨き粉などが市販されています。 このようなときには、多く歯磨き粉をつけ過ぎたり、強い力で歯を磨いてしまったり、時間が短かったり奇麗に磨けなかったりした場合には余計に歯を傷つけてしまう可能性もあるため、丁寧に歯を磨くことが大切です。 ほかには、シリコンゴムで研磨剤の含んだ、市販の歯の消しゴムを使用することで白い歯を取り戻すことができます。 また、自宅や歯科で行えるホワイトニングを行うことで、歯も白くなり黄ばみも取ることができるのです。

黄ばみやカフェインで歯の色が

歯はもともと白いわけですが、長年生活していくと徐々に・・・続き