黄ばみやカフェインで歯の色が

歯はもともと白いわけですが、長年生活していくと徐々に黄ばみが出てくることがあります。歯が黄色くなってしまうと、見た目にも不健康に見えたり、汚く見えてしまうことになります。 特に歯を黄色くしてしまう原因として、煙草のヤニやコーヒーなどに含まれるカフェインなどが挙げられます。これらは、毎日の生活習慣になっていますから、長期的な生活習慣の積み重ねによって歯の色の黄ばみが蓄積されていってしまうということになると考えられます。 ただし、最近は歯を再び白くする方法が色々とありますから、自分で実践することによって、再び白い歯にすることが可能です。 では、どのような方法であれば歯の黄ばみを取り除くことができるのかというと、例えば、歯を白くすることができる歯磨き粉に変えたり、重曹を使ったりして歯を白くすることができます。また、歯科に行ってホワイトニングをしてしまうという方法もあり、費用はかかりますが一番手っ取り早い方法でもあります。

黄ばみやカフェインで歯の色が

歯はもともと白いわけですが、長年生活していくと徐々に・・・続き